【身長を伸ばす5つの要素】健康豆知識

身長を伸ばす5つの要素とは

牛乳を飲ませれば身長は伸びる!って本当?

平均身長―年齢別 身長の平均値
(平成23年度学校保健統計)
平均身長男性  平均身長女性
17歳170.7cm   158.0cm
16歳169.9cm   157.6cm
15歳168.3cm   157.1cm
14歳165.1cm   156.6cm
13歳159.6cm   155.0cm
12歳152.3cm   151.9cm
11歳145.0cm   146.7cm
10歳138.8cm   140.2cm
9歳133.5cm    133.5cm
8歳128.2cm    127.4cm
7歳122.6cm    121.6cm

身長を伸ばしたいと願っているご両親は多いと思います。
特に低身長のお子様をもつ親御様はより悩みも深いのではないでしょうか?

私の身長は164cmです。
子供の時からチビと言われ、低身長にとてもコンプレックスをもっていました。

小学校の時には、朝の朝礼で身長順に列ばされ、

必ず前から2〜3番目のところにいました。


大好きだった女の子は後ろから3番目で、もっと背が高かったら、
その子にもてただろうとか、女性にもてなかったことを必ず低身長のせいにしていました。

しかし、好きになった子は不思議と高身長の女性でした。

新学年が始まると健康診断の時に、
身長測定で、思い切り背伸びをして望みましたが、
担任の先生からあたり前にばれて、頭にげんこつで押しつぶされた時もありました。

あと、10cmほど身長が高かったら、女性からもてただろうなとか、
年収も1千万を超えただろうかなど、

原因を低身長のせいにするようになっていました。

少なからず、自分の子供には、
自分と同じようなコンプレックスを持たないで
つまらないことで悩まないでほしい、
のびのび育って欲しいと思っていました。

年齢を重ねても、低身長のトラウマなのか、
好きになる女性はみんな高身長だったり、
意外と、高身長の女性から好かれたり、
身長が低いことと、持てないことは関係ないことは
わかっていますが、それでも気にしてしまうのです。

そんな痛い経験から30歳を超えても、
身長に対しては執念が有り、さらに研究を重ねてきました。

どうすればもっと身長を伸ばすことが出来るのか?

牛乳牛乳を飲めば身長は伸びる? って本当ですか?

身長が伸びて欲しいとの願いを込めて、私の子供には
毎日、どんなときでも牛乳1リットルを飲ませ続けていましたが、
現在は大学生ですが、166cmほどしか伸びませんでした。


牛乳は、戦後に国策で決めたカルシウム不足(栄養不足)を補う方法なのですが、
牛乳=カルシウム=骨を強くする という図式は、
あまりにも単純で間違っていることに最近気が付きました。

牛乳は身体にいいのか?それとも身体に悪いのかという
議論はまた今度のテーマとさせて頂きます。

私は、低身長であるから身長に対して思い入れが強いので、
せめて自分の子供にはそうなってもらいたくないと、
有名な先生方や身長の高い友人や先輩方にも話を伺い、
ここにレポートを載せさせて頂きます。

また、他の書籍で調べた結果をここにご報告いたします。

私の友人には、中学校3年生の時に、一晩で3〜5センチほど身長が伸びたそうです。
とても信じられない話をいただきました。

中学2年生から大人になるまで、
わずか3cmしか伸びなかった私としては、とても気になることなんです。

その友人は、寝てる間に脚からキシキシと伸びる音が聞こえたと!
信じられない話ですが、事実だそうです。

彼はその一か月で10cmになったと話してくれました。

思わず私は大声で”10cmも身長が伸びたんですか!?”と
とても驚いてしまいました。

その友人の事は、特例としても一般的に、
身長を伸ばす方法について、具体的にどうすればいいのか、
正しい知識を持っている方は案外少ないのでは?と思います。
事実、私もそうでしたから・・・・・

あと、10cm背が伸びていたら…。。
いまだそればっかり言ってしまいます。。。

【子供の身長を伸ばすために必要な栄養素は?】

身長を伸ばすための食事や睡眠時間などの生活習慣は?運動、体操はするべきなのか?
身長を伸ばすために、効果のあるサプリメントなどはあるのか?などなど。。。

メッシ選手 世界的にサッカーで有名な選手に『リオネル・メッシ』 という小柄な選手がいらっしゃいます。
現在は、バロセロナで活躍して、その技術はずば抜けています。

そのメッシ選手ですが、実はメッシは11歳の頃、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断され、とても悩んでいたそうです。

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」とは、成長ホルモンの低下により
身長が伸びにくくなる病気だそうですが、
治療の末、4年間で26cm伸び、現在169cmになり、
現在は世界的なトッププレーヤになりました。

『成長ホルモンの分泌量を増加させると良い』ということはわかっていても、
安全でなければなりませんし、自然と体から成長ホルモンを分泌させ、
促進させる方法はないだろうかということを調べていました。

酪農では、
成長ホルモン剤を牛や豚、鶏につかって、成長を一時的に早める方法は知っています。
それは3年以上かかる成長期間を一時的に早めてしまうので、 身体にイイワケはありません。

ましてや、人間とは20年もかけてじっくりと
身体を作りあげる高等な動物なので、
一時的な身長を伸ばすために使うものでも無いと思っています。
身体の健康と脳みその発達、そして心の成長を願う必要があると思っています。

本来、人間が出す成長ホルモンの分泌量を促進させ、
安全にさらに健康的に成長させることを優先させなければ、
意味がありません。

なので、
身長が伸びる仕組みなどを知り、子供の身長を伸ばすための工夫をしてあげましょう。

いま身長が低くても、
食事、睡眠、運動などの生活習慣プラス、
「親の愛情」で背を伸ばすことの可能性は大いにあるそうです。

このような悩みや疑問を持つ親御さんに、ぜひ参考にしていただければと思います。

身長が伸びない原因

一般的に言われることは、
1.ゲームなどの夜更かしや睡眠不足 2.好き嫌い 3.運動不足 
4.遺伝(25%) 5.人成長ホルモンの分泌不足

成長期において、栄養と睡眠だけでは身長は伸びません。
タンパク質やカルシウムを補っているだけでは身長は伸びないのです。
大切なことは成長ホルモンをきちんと分泌させることなのです。

深い眠りと上質な睡眠で成長ホルモンは多く分泌される

子供の身長を伸ばすために最も重要な要素が「成長ホルモン」です。
この成長ホルモンは、深い睡眠をとっている時に最もよく分泌されます。

夜22時〜朝2時までに分泌されると言われていますので、
この時間帯には必ず就眠するようにしましょう。

 

睡眠に関しては二つの理由があります。
まず、成長ホルモンは睡眠時に大量に分泌すると言う事です。
寝不足だったり、質の低い睡眠をしていると成長ホルモンの分泌が少なくなります。
少ない成長ホルモンでは身長はあまり伸ばせません。
成長ホルモンと睡眠の関係はとても大切なのです。

もう一つの理由がストレスです。
学校で宿題を与えられ、家に帰るとすぐに塾通いの子供達は、多くのストレスがあります。
ストレスを溜め込むと胃潰瘍になるほど私たちの体や神経に悪影響を及ぼします。
そして、ホルモンバランスが崩れて、伸長のためのホルモンが出なくなるのです。

そのストレスを解消してくれるのが睡眠です。
睡眠には身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌と
身長を伸ばすことを阻害するストレスを解消する二つの役割があるのです。

睡眠前にTVを観たり、ゲームなどをやりすぎると
脳が興奮状態で成長ホルモンがうまく働かない場合があるので注意が必要です。

育ち盛りの子供には多くの睡眠時間が必要です。
ですから、家族全員でお子様のために、早寝早起きを習慣づけてください。

人間の英知は「習慣化」させることなのです。

例えば、筋肉をつけようとして、腹筋や腕立て伏せや筋トレを、
毎日一時間続けようとしても長続きはしません。

それよりも、1日5分でも良いので、腹筋と腕立て伏せを続けてみてください。
一年後には誰と戦っても勝つことのできる、筋肉が手に入るのです。

そう、
最近の子供はTV離れをしていますので、ゲームやPCを遅い時間に見る習慣があると、
興奮状態で寝付けない事が多くなりますので、
お子様のために、就眠の前にはゲームやTVは与えないようにしてください。
できれば朝の早い時間にゲームやTVやPCを遊ぶ習慣が必要です。

睡眠時間は、海外と比べると極端に睡眠が短く、
日本の小学生〜中学生の平均睡眠時間は7時間といわれ、
アメリカ人では8時間以上、西欧人については9〜10時間と言われています。

睡眠は中高生では8〜9時間、幼児や小学生は9〜10時間は
必要とされていますので、上質な睡眠をとるように心がけましょう。

身長を伸ばす成長ホルモンの分泌について

体の成長に詳しい鈴木博士に話を伺いました。

身長を伸ばす

===
お子さんの身長が伸びずに悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
「低身長外来の規定に合わず、親としてどんな努力をしたらよいのかわからない…」 そんな深刻な相談も寄せられます。

一定の年齢を過ぎると成長が止まるのは自然な事です。
但し、成長期にあっては栄養、運動、睡眠など生活習慣に気をつけることによって ある程度の伸長が期待出来るでしょう。

私たちの身体を健康に維持するために、多種のホルモンが体内で働いてくれていますが、 伸長が伸びることも含め、成長には脳下垂体から分泌される成長ホルモンが重要な働きをしています。

このホルモンは生涯にわたって分泌しますが、
思春期後期までの期間に特に多く分泌し、その後は急速に減少。
30歳〜50歳代で思春期の半分に、60歳代で30%に減少します。

成長ホルモンは身体のすべての組織を新生・維持する中心的なホルモンです。
===

身長を伸ばす上では成長ホルモンの分泌が欠かせません。

成長ホルモンは成長作用と、タンパク質合成を促進する作用があります。
なので、体の成長、修復、疲労回復に重要なホルモンといえます。

この成長ホルモンは、寝付いてから2時間位までの一番深い眠りの時に大量に分泌されます。
しかし、生活習慣が乱れ、睡眠が浅くなってしまうと分泌されにくくなってしまいます。
s_graph
成長ホルモンが分泌量が増える時間帯は、夜の10時すぎから急激に増えはじめ、
夜中の12時〜2時がピークをむかえます。

成長ホルモンをしっかりと分泌させるには
正しくて深い、質の良い睡眠をとる必要があります。

質の良い睡眠とは、部屋中を真っ暗にしてください。
小さな明かりや振動などの音でも、皮膚は敏感に察知します。

学校や塾の宿題、習い事、テレビゲームなどで、
現代の子供達はとても忙しく睡眠時間が削られています。
夜9時以降のテレビやゲームは録画をして早く寝付く習慣をつけましょう。

睡眠時間が足りないと、成長ホルモンの分泌が乱れてきます。
そして、夜間の成長ホルモン分泌が少なくなっていくことに繋がります。

睡眠不足は、成長の遅れのほかにも、
食欲不振、注意や集中力の低下、眠気、易疲労感などももたらします。

子どもの場合、眠気をうまく意識することができずに、
イライラ、多動、衝動行為などとしてみられることも少なくありません。

身長を伸ばす5つの教訓

●夜9時までには寝るようにしましょう。
●暗くして、静かな場所で寝ましょう。
●怒らないようにしましょう。
●寝る前には食べないようにしましょう。
●朝は太陽をしっかり浴びる

寝る前に激しく怒るとストレスがかかり、アドレナリンが出て興奮状態となってしまいます。
また、成長ホルモンは血糖値が下がらないと分泌されにくくなりますので寝る前の夜食はさけてください。
寝てる間に胃袋で消化運動をさせることで、消化酵素を使いきってしまい、朝にすーっと起きれなくなります。 ※酵素は運動エネルギーにかえるものです。
朝は5分でいいので太陽の光を浴びましょう。曇りでも明るい場所にいることで効果があります。

成熟を抑えるメラトニン

また、夜間に暗くなると分泌されるメラトニンというホルモンがあります。
メラトニンは一日の体のリズムを整える作用を持っていて、睡眠にも深く関わるホルモンです。
このメラトニンは、成長段階の子供の「性成熟を抑制する作用」も持っています。

一般的に思春期の訪れが早い子供と比べて、
思春期の訪れが遅い子供の方が最終身長は高くなる傾向があります。
身長を伸ばす可能性を高めるためには、思春期の訪れを遅くする働きを持つメラトニンが
しっかりと分泌されるように生活習慣・睡眠のリズムを整えることが大事だと思われます。

身長を伸ばすために重要な栄養素

身長を伸ばすために特に重要な栄養素として、
カルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質
があります。

カルシウム

カルシウムは、骨を強くするはたらきを担っています。
しかし、日本人のカルシウム摂取量は先進国の中で最も低く、
これは日本人の食生活が中途半端に欧米化したことが原因になっています。

また、日本の土壌(土)には欧州と比べてカルシウムの含有が少ないため、
野菜類に含まれるカルシウムもとても少ないと言えます。

さらに、日本古来からのカルシウム源である海草、小魚、豆腐などを
あまり食べなくなったにもかかわらず、それに代わる乳製品の摂取が少ないためです。

カルシウムが豊富な食品

・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しえび、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・大豆製品、ごま(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

マグネシウム

最近、その重要性が注目されているのがマグネシウムです。
特に大切なのはカルシウムとのバランスです。
マグネシウムは、カルシウムと1:2の割合で働くミネラルですので、一緒に摂取する必要があります。

マグネシウムが豊富な食品
・木綿豆腐   ・牡蠣(かき)
・アーモンド  ・ほうれん草
・大豆     ・インゲン豆
・落花生    ・カツオ など

※アーモンドなどのナッツ類は、マグネシウムが豊富ですが、カロリーが高く、思春期の到来を早めるとの説もあるので、食べ過ぎはよくありません。また、塩分が含まれていてローストされている物がありますので、出来るだけ生アーモンドのローフードをおとりください。
亜鉛

亜鉛は身長が伸びるために必要な微量元素です。
亜鉛は、ホルモンなどの原料になるタンパク質や、遺伝子をつくる酵素に含まれています。
また、骨の成長に直接関与しています。
亜鉛を全く与えずに育てられたネズミは、ほとんど大きくならず、
寿命も短くなるという実験結果もでています。

亜鉛が豊富な食品
・牡蠣(かき)・納豆 ・和牛もも肉 ・ホタテ ・豚レバー ・豚もも肉

牛乳は身体にいいのか?

牛乳牛乳を飲めば身長は伸びる? って本当ですか?

身長が伸びて欲しいとの願いを込めて、私の子供には
毎日、どんなときでも牛乳1リットルを飲ませ続けていましたが、
現在は大学生ですが、166cmほどしか伸びませんでした。

身長を伸ばす骨の成長に大切な栄養素について

  1. 骨を形作り、土台となるのがたんぱく質。その土台の上にCa(カルシウム)やP(リン)がくっつくことにより、硬く・丈夫な骨になります。
  2. Mg(マグネシウム)は骨の強度や弾力性を調整することにより、骨の健康維持の役割があります。
  3. Zn(亜鉛)はたんぱく質の生成を促進するとともに、骨の成長を促進します。
  4. Vt.D(ビタミンD)は小腸でのCaの吸収を促進します。
  5. Vt.K(ビタミンK)は骨の土台にCaをくっつける「石灰化」を促進するとともに、骨からCaが出ていく「骨吸収」を抑制します。
  6. Cu(銅)やMn(マンガン)、Vt.C(ビタミンC)もたんぱく質の生成に関わります。
  7. 血液中の酸素を運ぶヘモグロビンに含まれるFe(鉄)はVt.Cによって吸収が高まります。
  8. Vt.B12(ビタミンB12)、Vt.B6(ビタミンB6)は、コラーゲン同士をしっかりと組み立てることにより、丈夫な土台を作る役割があります。

身長を伸ばす適度な運動について

骨も筋肉と同じで、使わなければ伸びる必要がないので
「身長を伸ばせ」と言う指令がいきません。
適度な運動をして、定期的に骨に刺激を与える必要があります。

野球・バスケットやバレーボールをやっている人に背の高い人がいますが、
縦方向のジャンプなどをすることで、骨を刺激して「身長を伸ばせ」と言う指令が骨に伝わっているからです。

私の友人が身長が伸びた原因はここにも大きく存在しました。
足のくるぶしや関節に適度な刺激を与えることで、
「身長を伸ばせ」という指令が出てきたと思われますが、
科学的な根拠はありません。

縄跳びなどもジャンプする運動ですので、ぜひご家庭でも取り入れてみてください。
身長を伸ばす為に運動は欠かせません。

生活バランスについて

身長を伸ばすために睡眠がとても大切な事はお話をしましたが、
休日だからといって、午前中寝ていても良いとは言えません。

生活リズムを作ることで身体に体内時計を刻ませる事ができるのです。
それは習慣化させるということです。


一日の始まりは朝6時に起床し、水を500ml飲ませて、体内洗浄をさせてください。
眠っている時に出された汗によって、血液はドロドロになってますので、
必ず、朝起きがけには、水500ml以上の補給をしてください。

ジュースやお茶でもいいのでは?とお思いでしょうが、
これらは食べ物として体が認識しますので、水が必要です。

朝の排便はとても大切なので、腸内洗浄もかねて行いましょう。

また、外にでて、朝の日光浴を約10分ほど浴びて、
朝の訪れを皮膚で感じさせましょう。

朝にフレッシュジュースや、ニンジンジュースを飲むことで
一日をすっきり過ごすことができます。

また、就眠は10時には眠るようにしてください。


アルファジーピーシー グリセロホスホコリン


商品一覧 - キューブヘルス健康食品

ホスファチジルセリン 脳と身体の健康フォーラム

身長を伸ばす5つの要素

特定商取引の表示特定商取引の表示

Googleボットチェッカー